UAV技術で建設業界を支援する|建産連UAV

※ 全国建産連の取り組みに関するお問い合わせは、平日10:00~17:00までとなります。

メイン画像

アイコン全国建産連のドローン(UAV)展開について

建産連UAVについて

建産連UAVについて

i-con structionで、建設現場の環境改善を提案

国土交通省は建設現場の生産性向上に向けて、測量・設計・施工・調査及び管理に至る全プロセスにおいて、 情報化を前提とした新基準「i-Construction」を2016年度より導入すると表明しました。抜本的な生産性向上を図ることで、技能労働者一人あたりの生産性が大幅に向上できる可能性があるとされています。(※ 国土交通省のホームページより抜粋)

このような中、全国建産連においても積極的に「i-Construction」を推進する取り組みを行っております。2016年佐野で行われたドローン体験会(写真右)では、全国建産連の竹澤専務理事より、
「i-Constructionの一つとして、ドローンを利用した測量や設計、災害対応を挙げています。しかし、ドローンは最新技術であるため、パイロットの育成と指導員の確保・育成が課題です。全国建産連としては、全国標準の資格認定制度を目指し、建設業にあった利用の仕方を確立していきたい」と挨拶がありました。

全国建産連では、ドローンを利用した業務の生産性向上及び人材育成を実施し、建設業界にICTを駆使した新たな革命を起こしていきたいと考えております。

i-constructionを実施する上での課題
矢印
ドローンを導入することによるメリット
建産連UAVの今後の取り組み
  • 電話で問い合わせ
  • メールで問い合わせ

※ 全国建産連の取り組みに関するお問い合わせは、平日10:00~17:00までとなります。

アイコン体験レポート

【ドローン利用に関する企業アンケート】

体験会を通して、ドローン利用に関するアンケート調査を行いました。

ドローンへの興味関心は高く、利用意欲は90%という結果に!

体験会を通して、今後のICT活動に様々な可能性を感じた、というお声をいただきました。

栃木県建設産業団体連合会

2016.08.05
レポート写真

ドローン利用に関する建設業界でのニーズ調査の為、飛行体験会とディスカッションを行いました。

茨城県建設産業団体連合会

2016.10.11
レポート写真

水戸ホーリーホック会場の広いグランドを借りて、茨城県で建産連初のドローン体験会を行いました。

福島県建設産業団体連合会

2016.10.12
レポート写真

茨城県のドローン体験会に続き、福島県でも佐原字神事場1軟式野球グラウンドにて、ドローン体験会を行いました。

兵庫県建設産業団体連合会

2016.10.14
レポート写真

兵庫県三田建設技能研修センター実習場にて、ドローン体験会を実施いたしました。 兵庫県では、他の地域より初めて触った方の率が多く、ドローンの性能に驚く声も多く見受けられました。

申込ボタン
  • 詳細はこちら
  • 申込みはこちら

全国建産連ドローン運営事務局

※ 上記「ドローンセットプラン」の販売元は、建産連ドローン運営事務局を受託している㈱ピーピーティーとなります。
商品に関するお問い合わせは、上記電話番号又はinfo@kensanren.or.jpまでご連絡ください。

≪ 全国建産連ドローン運営事務局について、詳しくはこちら

PAGE TOP